大きな違いについて | 色々比較しながら、便利なカードローンを使っていこう

色々比較しながら、便利なカードローンを使っていこう

大きな違いについて

お金を引き出した様子

今回はカードローンの年収制限について簡単に説明していきたいと思います。
やっぱりこの辺の話も気になってきますよね。

まずカードローンの利用にもっとも重要視されることは、あなたの収入が安定しているのかどうかです。
年収が高いかどうかという点もよく見られますが、それ以上に安定しているかどうかが大事な要素となってきます。

ただし貸金業法の総量規制と呼ばれるものがあり、消費者金融系のカードローンを使う場合は総量規制を遵守する必要があります。
つまりその場合はカードローンの限度額が年収の3分の1までとなってしまうわけです。
もしあなたが年収300万円であれば、カードローンで借入できる限度額は100万円に設定されます。
なおこれは利用している消費者金融系のカードローン単体で適用されるのではなく、すべてのカードローンで共通して適用されます。
そのため2社のカードローンを使っている場合は、2社合わせて100万円までの借入しかできないということです。

ただ、一方で銀行系のカードローンの場合はこの総量規制の制限が適用されません。
銀行の場合は銀行法というものが遵守されます。
だからあなたの年収がいくらであっても、それに関係なく融資可能額まで利用できます。
しかしだからといって、無限に高額な借入ができるわけではないのでそこは勘違いしないでください。
また銀行系のカードローンは消費者金融系よりも審査が厳しかったりするので、人によっては審査に通らない場合もあるでしょう。
基本的には銀行系カードローンの方が金利が低いので、しっかりと安定した年収があって、さらに借入状況に悪いところがなければ、誰でも銀行系カードローンが作れると思います。